横浜市立大学 視覚再生外科学教室

入局案内

  1. 視覚再生外科学教室
  2. 入局案内

入局案内

教授のメッセージ

これからの人たちと一緒に~Kadonosono教授からのメッセージ

これから、どこの科に進もうかなと考えている先生たちが、わずかな人生経験だけで、その後の人生を予測なんて出来ませんよね。それでも、多くの研修を終えた先生たちは、自分のロールモデルを探す旅を始め、真剣に将来像を悩むのだと思います。

ありふれた言い方になりますが、一期一会という言葉、ご存じだと思います。限られた時間の中で、人との出会いはごく限られたものです。どんな人でも、出会いは偶然の集合ですし、その人との巡りあわせがなければ次のチャンスや場面もないわけです。今日初めて出会った人でも、その偶然に感謝し、その人を大切に思うこと、それがこの言葉に表されていると思います。ちょっとした出会いでも、放っておけばそれまでですし、大切にしておけば、また、何か楽しいことも起きてきます。

私自身、何人かの一期一会の出会いで、何故かこうして、今は大学で教えています。研修医の頃には、大学に残ろうなど、考えもしませんでしたが、人の生き方なぞは、概して、こうしたものだと思います。

研修医を終えた人の中には、実に様々な考え方の人がいます。自然現象に興味を持ち医学に深くかかわる人、週末の時間をいつも心待ちにする人、要領が悪く診療技術の上達の遅い人、実に様々です。ただし共通点があります。
どんな人にも、必ずすごく良いところがあるということです。それを早くに見つけてあげることで、その人の人生は輝き出します。スポーツ選手が早くに両親からその才能を見つけて開化するように、医者も早くにその才能を見つければ、輝くのです。
私も、一期一会の方に、"先生は、手術だけは続けたら良いよ"と言われたことがあります。自分では、わからないことだと思います。

このあたらしい教室で私のなすことの一つは、すべてのレジデントがもっている才能を早くに見つけ出し、それを育むことだと思っています。教室のスタッフは、皆、掛け値なしのgood peopleです。
"おもしろき こともなき世を おもしろく"有名な高杉晋作の句ですよね。先生方は、医師である以上、多くのことが出来る機会をもう得ています。でも、その権利も使い方次第です。楽しく充実した医師人生を送るのも、つまらなく送るのも、あなた次第ですし、だれと出会うかです。出会う権利は先生方にあります。

さあ、医師としての自分の中に隠れていた才能を、見つけましょう!

研修の特徴

ロケーションが最高!

環境がいい

当院は横浜の中心部に位置しています。みなとみらい・山下公園・中華街などの有名な横浜観光スポットも近くにあります。
都心部へのアクセスも良好で、都市部で開かれることの多い学会やセミナーへの参加が気軽にできます。

手術指導がすごい

手術指導がすごい

当院は白内障、網膜硝子体手術のトップサージャンがそろっています。
トップサージャンが多いことだけでなく、若手への手術指導も積極的に行っています。
眼科医1年目の前半から手術助手・ウェットラボでの指導を経て、無理のない範囲で白内障手術を部分的に執刀します。後半から白内障手術の指導をマンツーマンで受けることができます。
手術の後はDVDを用いてのフィードバックや豚眼を用いたウェットラボも定期的に開催しており、恵まれた教育環境がそろっています。

多彩な症例、手技が学べる

多彩な症例、手技が学べる

網膜光凝固術、眼局所注射、冷凍凝固治療など。
眼科医1年目から、指導医の下で眼科診療に必要な治療手技をまんべんなく学べます。

オンとオフがはっきりしている

オンとオフがはっきりしている

休みがとれないなんてことはありません。シニアレジデントから助教、教授まで公平に早いもの勝ちで休みを取ることができます。
日中は手術や外来で忙しいですが、週末や休みは確保されており、「よく働き、よく遊ぶ」両立が可能な職場です。

多彩なキャリアプランに対応

多彩なキャリアプランに対応

手術がしたい、研究がしたい、留学したい、眼科医としてやりたいことは様々です。
当医局では多くの指導医・関連病院があるため、各人の希望にあった多彩なキャリアプランを提案することができます。1年に1度は主任教授を交えた面談を行い、各々の考えるキャリアビジョンに沿った研修を組み立てることができます。

色々な人がいる!

色々な人がいる!

経験豊富な指導医から、気軽に相談できる先輩、同世代の仲間がたくさんいます。
出身大学も様々でや他科からの転科者も多く、様々なバックグラウンドをもった仲間がいます。

募集要項

横浜市立大学は2つの付属病院を有し、神奈川県内の協力病院と連携して人材の育成や地域医療の充実に向けてさまざまな活動を行っています。大学病院や協力病院で診療や研究に従事した多くの医師が、県内の公立病院、地域中核病院をはじめとした多様な医療分野で活躍し、専門分野の枠を越えたネットワークを構築し、質の高い医療を提供していると評価をいただいています。

平成18年度に卒後3年目以降の人材育成制度、後期研修制度を立ち上げましたが、平成20年度から「専門医養成プログラム」と名称を変更し、内容も一新しました。このプログラムは初期臨床研修修了後に専門医を目指す医師を対象とし、大学病院の各診療科が協力病院と連携して、質の高い専門医を育成するものです。また、各診療科の独自性を重視すると共に、より多くの若手医師が参加できるように工夫しました。一方、平成19年度に横浜市立大学大学院医学研究科が「長期履修制度」を導入したことから、本プログラムにおいて臨床の知識や技術を研修しながら、学位の取得を目指すことも可能となりました。

スケジュール(例)

午前外来外勤手術回診外来
午後検査、処置手術検査、処置外勤手術

待遇

センター病院で研修する場合の職名および待遇を示します。協力病院研修中は協力病院の規定によります。

職名シニア・レジデント(公立大学法人横浜市立大学非常勤職員相当)
報酬(平成25年度)賃金月額 卒後3年目:242,900円、4年目:246,900円、5年目:250,800円
期末手当(年2回あり)、超過勤務手当、宿日直手当、通勤手当
厚生全国健康保険協会、厚生年金、雇用保険、横浜市職員厚生会へ加入
休暇年次休暇(16日)、夏季休暇(5日)、服忌休暇等
兼職可(病院規定あり)

※実際の給与額はこれに外勤加算分があります。

関連病院

お問い合わせ

当医局にご興味をお持ちの方は、ぜひ一度見学に来てください!
HPではわからない当医局の自由な雰囲気や魅力を感じて頂けると思います。
見学のご希望や入局に関するお問い合わせはお気軽にご連絡ください。
いつでも大歓迎です。

講師 山根 真 <shinyama@yokohama-cu.ac.jp